FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新ごみ処理施設候補地問題 扶桑町の一地区が反対のアンケート回答

3月28日午前、江南市議会全員協議会が開催され、本年2月下旬から3月にかけ新ごみ処理施設候補地(江南市中般若町北浦)に隣接する扶桑町側の3区が、江南市中般若町北浦を建設候補地とすることについて賛否を問う住民アンケートを実施し、3区のうち小淵区において「反対」とする意見が「賛成」及び「条件付きで賛成」を上回ったと報告がありました。
アンケートの集計結果は次のとおりです。

小 淵 区(配付世帯数249 回答世帯数246  回収率98.8%)
①賛成  20  ②条件付きで賛成   74  ③反対  149  (その他 3)
         賛成(①+②)の割合38.2%   反対(③)の割合60.6%
南山名区(配付世帯数872 回答世帯数687  回収率78.8%)
①賛成  144  ②条件付きで賛成  391  ③反対  144  (その他 8)
         賛成(①+②)の割合77.9%   反対(③)の割合21.0%
山 那 区(配付世帯数377 回答世帯数354  回収率93.9%)
①賛成  103  ②条件付きで賛成  140  ③反対  102  (その他 9)
         賛成(①+②)の割合68.7%   反対(③)の割合28.8%

同日午後には第8回尾張北部地域ごみ焼却処理広域化第1小ブロック会議が開催され、全員協議会と同様の報告がされました。
今後の進め方について犬山市長から「具体的な考えは?」との質問に対し、「地元同意をいただけるよう、色々な角度から検討していきます。」との答弁があっただけで、他に意見もなく15分程で終了しました。

平成26年3月定例会の私の一般質問で「アンケートを実施した結果が悪かった場合どうするのか?」との質問に対し、担当部長より「結果がどうであろうとも、一日も早く地元同意がいただけるよう、これまで以上に誠心誠意、扶桑町と一体となって、ご理解をいただけるような方策を検討してきたいと考えています。」と答弁がされており、改めて、区長と相談をしながら、これまで以上にしっかり取り組んでいくと方針が述べられました。

なお、江南市側の地元3区については般若区が1/27、草井区が2/3、中般若区は2/11にそれぞれ建設候補地について同意文書が既に江南市に提出されています。
建設候補地については、地元及び地権者の同意は江南市が責任を持ってあたるとされていますが、このような状況下にあって、正式な建設地決定はさらに時間がかかることは必至であり、いよいよ江南市だけではなく、先の部長答弁のとおり、扶桑町と一体して誠意をもって対応にあたるべきと考えます。
スポンサーサイト
プロフィール

澤田 和延

Author:澤田 和延
Kazunobu SAWADA

愛知県江南市長
生年月日:昭和30年4月10日
出身地:愛知県江南市
卒業:高崎経済大学 経済学部
滝高等学校 普通科
現在の役職:
保護司
江南市ソフトボール協会 相談役
古知野西スポーツ少年団 顧問

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。