FC2ブログ

江南市民の皆様へ

~ゴールデンウイーク 外出自粛のお願い~

新型コロナウイルス感染症から皆様の身を守るため、ゴールデンウイーク期間中の外出自粛をお願いいたします。

・不要不急の外出は、くれぐれも控えてください。
・「密閉、密集、密接」を避ける行動を徹底してください。
・手洗いやうがい、咳エチケットを徹底してください。

一人ひとりの行動が、感染拡大を防ぎます。
市民の皆様の生命と健康を守るため、ご協力をお願いいたします。

                            江南市長 澤田 和延
スポンサーサイト



江南市民の皆様へ

 本日(4月10日)、愛知県は、新型コロナウイルスの感染が急速に拡大するとともに、感染経路不明者も多く確認されるなど、予断を許さない状況が続く中、県民の生命と健康を守ることを最優先に対策を講じ、この難局をオール愛知で乗り越えるため、県独自の緊急事態宣言を発出しました。

 市民の皆様におかれましては、長引く新型コロナウイルス感染症対策に対するご心労が続く中、これまでに経験のない窮屈な生活に、なお一層のご不安もあろうかと思いますが、国や県、市から提供される正しい情報に基づき、ご自身やご家族をはじめ社会全体を守るため、落ち着いて行動をお願いいたします。

【行なってください】
・不要不急の外出、移動の自粛
・手洗いやうがい、咳エチケットの徹底
・「密閉、密集、密接」を避ける行動の徹底

【行わないでください】
・生活必需品の買い占め
・うわさ話など、発信元の不確かな情報の発信
・り患された方やご家族、医療従事関係者に対する誹謗中傷

 市といたしましては、市民の皆様の命と健康を守ることを最優先に、より一層、国や県と連携し感染拡大防止に向けて全力で取り組んでまいります。
 市民の皆様におかれましても、お一人おひとりの行動が、感染の拡大防止に大きくつながってまいりますので、ご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。

                            江南市長 澤田 和延

江南市民の皆様へ

本日、三菱UFJ銀行江南支店に勤務する行員1名が、新型コロナウイルスに感染したとの報道がありました。

市では、すでに2月26日に新型コロナウイルス感染症対策本部を設置し、市主催や共催で行われるイベントや行事については、不特定多数の方が出席するものや高齢者、基礎疾患のある方が多く参加するものについては、3月15日までは、中止又は延期をするとの方針を示しました。(期間については、今後の感染状況等を踏まえ、適切に対応してまいります。)

本日も第3回目の新型コロナウイルス感染症対策本部会議を急遽開催し、今後の市の対応について、各公共施設の利用制限等を含め協議をしたところです。

市民の皆様の感染症の発生が確認されたとの情報はまだありませんが、国内の感染が急速に拡大しかねない状況にあることを鑑み、この1~2週間が感染拡大防止に極めて重要であることを踏まえ、こうした判断をしたところです。市民の皆様には、大変なご不便をおかけいたしますが、皆様の健康と感染拡大防止を最優先に考えての対応でありますので、ご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。

市民の皆様には、通常の風邪やインフルエンザ等の対策と同様、手洗いやアルコール消毒、咳がある場合にはマスクの着用等、引き続き感染予防対策に努めていただきますようお願いいたします。
市におきましても、今後も感染防止に向けて全力で取り組んでまいりますので、よろしくお願いいたします。

    令和2年2月27日
           江南市長 澤田 和延

すいとぴあ江南に関する市の方針について

 昨今、全国の地方公共団体においては、公共施設や生活基盤となるインフラ施設の老朽化対策が大きな課題となっています。これは厳しい財政状況が続く中、人口減少等により公共施設に対する需要が変化していく予想も踏まえ、施設の更新や統廃合、長寿命化などを計画的に行い、施設の最適な配置と財政負担の軽減や平準化を図ることが必要になっているからです。

 江南市においても同様で、公共施設の維持管理は大変大きな課題となっており、そのため、これまで市では、平成27年度に「江南市公共施設等総合計画」、平成28、29年度の2年間をかけ「公共施設再配置計画」を、また、平成30年度には「江南市公共施設保全計画」を策定してきました。

 本市が所有する公共施設は、学校施設をはじめ、1960年代から70年代に建設されたものが多く、これらが一斉に更新の時期を迎えることとなります。インフラ施設も含めたこれらの更新費用は、令和37年度までの37年間で総額996.3億円、年間で26.9億円が必要になると試算しています。
 それに対し、過去10年間の施設改修費に実際使ってきた投資的経費を基に、今後、施設関連に充当できる財源は、総額691.9億円、年間18.7億円です。
 つまりその差額の総額304.4億円、年間8.2億円が今後37年間に不足する額としています。
 市ではこの不足額について、公共施設の統廃合による最適な再配置により総面積の縮減を図り、施設の更新コスト、維持コスト、運営コストの縮減を図っていきたいと考えています。

 公共施設再配置計画では、すいとぴあ江南についても、現在の指定管理者との協定が終了する令和5年度を目途に譲渡・廃止することとしてます。
 すいとぴあ江南の指定管理料を含むランニングコストや、近年は設備関係の経年劣化による改修費用を合わせると、毎年度約1億円の財源が投入されており、今後も施設を維持し、定期的に改修工事を行い長寿命化しようとした場合、令和37年度までの費用として約27億円、さらにランニングコストも合わせると約60億円もの莫大な費用が必要になると見込んでいます。

 厳しい財政状況の中、人口減少による市民ニーズの多様化、引き続き予測されます社会保障費の増加、就労人口の減少による税収の減少などを勘案しますと、現在の本市においてすいとぴあ江南を存続させることは極めて困難であると考えています。
 また、時代の変化により、宿泊及び研修機能を備えた勤労会館に対し、公共が関与する必要性の有無についても考慮する必要があると考えます。

 すいとぴあ江南は市にとって市北部の拠点施設であり、市をはじめ多くの団体のイベント等で頻繁に利用されました。特にコンベンション機能を持つ多目的ホールについては、代替場所の必要性などについて検討すべき課題と認識しています。
 しかしながら、前述しましたように、多額の財源不足の解消に向け、今後の市全体の公共施設の最適な配置の検討のひとつとして、すいとぴあ江南に関しましては廃止、譲渡を基本的な方針と考えていますので、ご理解賜りますようお願いいたします。
プロフィール

澤田 和延

Author:澤田 和延
Kazunobu SAWADA

愛知県江南市長
生年月日:昭和30年4月10日
出身地:愛知県江南市
卒業:高崎経済大学 経済学部
滝高等学校 普通科
現在の役職:
保護司
江南市ソフトボール協会 相談役
古知野西スポーツ少年団 顧問

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR